訪問看護に花は咲く33

今回ご紹介するのは、北区にお住まいのTさんです。

50年間ホテルマンとして仕事を続けてこられたTさんは、とても素敵な紳士です。70歳の時に、奥様の体調が悪くなり、仕事を退職され、家事全般を担われるようになりました。

私たちは、徐々に病状が進行する奥様の訪問看護に入るようになり、献身的なTさんの姿を見てきました。食事も手作りで奥様思いのTさん。そんなTさんも、数多くの病気を持っておられます。一度入院された事をきっかけに、Tさんにも訪問看護が入るようになりました。ご自分の体調が悪い中、睡眠時間を削ってでも、奥様の事を最優先にされるTさん。困っている事が無いかと、身体の負担のないようにとサービスを勧めても、「大丈夫です。これくらいはできます。」といつも気丈にされていました。

奥様の介護をされるようになって、20年が経過した2015年10月、奥様が入院されることになりました。そして、「病院で、自分がくるのを待っているから…」と毎日欠かさず(受診の日や用事があっても)面会に行かれています。奥様は、Tさんの顔をみると、とてもほっとした優しい表情になるそうです。「声は出にくくなったけど、顔の表情でわかる。」と言われます。「唇が荒れているから、リップを塗ってあげる」「手が冷たいから、さすったりマッサージをしたりする」と病院での奥様のことを教えてくださいます。

そんな奥様のことを話されているTさんの表情もまた、穏やかで優しいのです。お互いを必要とされていることが滲み出ている素敵なご夫婦です。私たちは、訪問看護師としても、ひとりの人間としても、Tさん夫婦からたくさん教えていただきました。まだまだ続く介護生活、無理のないように私たち訪問看護にもサポートさせてくださいね。

訪問看護に花は咲く32

20160301先日、認知症による行方不明者捜索のための徘徊模擬訓練に参加しました。
行方不明者が出たとの想定でいなくなった方の写真が配布され、グループで地域を捜索し見かけたら声掛けをするといったものでした。

声掛けのポイントはびっくりされないように、○○さんですか、これからどこへ行かれるんですか、よかったら一緒に行きましょうか、○○さんが外出なさったことをご家族の方はご存知ですか、などと前もって皆で学習しましたがいざ本番となるとぎこちなくなります。また写真を渡されていたのですが、面識のない方だったので、本当にこの方かな?とわかりにくかったりしました。

認知症になっても住み慣れた地域で暮らし続けるためには顔見知りのご近所の人の存在が非常に重要です。認知症であることをあまりご近所の方には言いにくいかもしれませんが事情を話しておくと居場所を伝えてくれたり、一緒に連れて帰ってくれたり協力して頂けるかもしれません。

認知症の人が外へ出て歩き続けたり交通機関を利用するなどして遠方まで行ってしまい行方が分からなくなるケースが増えています。これらを未然に防ぐためにはご近所づきあいが大切だなあと思いました。

訪問看護に花は咲く31

ume2梅がちらほらと咲き始め一足早い春の訪れを感じます。
まだまだこの時期の訪問看護の挨拶は「寒いですね」で始まりますが、寒さを乗り切るためにあったかグッズをたくさん身に着け、着ぶくれしながら頑張っています。


今回、ご紹介するのは北区にお住いのAさんご夫婦との一コマです。
体調管理とリハビリのために訪問看護を利用されるようになりました。「こんにちは」と玄関を開けると、奥から「いらっしゃーい。入ってー」と奥様の元気な声が聞こえてきます。中に入ると「ゆっくりしていき」とAさん。いつもあたたかい笑顔で迎えてくださいます。血圧などを測り終え、大宮交通公園付近に散歩へ行きます。
Aさんは散歩をしながら、色々なことを話してくださいます。大宮交通公園に保存してある京都市電の歴史、京都につながる街道のこと、小さい時に鴨川が増水した翌日、土手にできた水たまりにあがった魚をとっていたことなど、私の知らない昔の京都のことを沢山教えてくださり楽しいひと時です。
つい先日は、お正月明けに訪問に行くと、「今日は訪問の日やったかな」といつもよりさらに笑顔のAさん。実は少しお酒をたしなんでおられ、上機嫌でした。奥様も「この人は飲んだらご機嫌さんなん」と言われていました。そして、いつもより饒舌なAさんが突然「いつもありがとう。来てくれると嬉しい。○○さんの人徳だね」と言われました。その言葉に、励ましてもらったような気持ちになりとっても嬉しく思いました。
Aさんは現在、当初の目標である、歩けるようになるという目標を達成し、訪問看護の契約は終了となりましたが、事業所から家が近くなため、バイクで走っているとお会いすることがあり、いつもの笑顔で「頑張りや」と声をかけてくださいます。ご夫婦がいつまでも元気にお家で暮らせるように祈るばかりです。

訪問看護師になって9か月が経とうとしています。
この9カ月で約60人以上の方との出会いがありました。
利用者様、家族様との関わりで、勉強になることがたくさんあり、またこちらが励ましてもらったり、元気を頂くことがあります。信頼してくださっている分、気が引き締まる思いです。
この信頼を持ち続けてもらえるようさらに、誠意をもって看護をしていきたいと思っています。