訪問看護に花は咲く4

35-1今回は、西賀茂にお住まいのOさん。Oさんはなんと103歳です。今年、脳梗塞を発症され、食事も食べにくくなり、最期は自宅で過ごしたいと退院されました。しかし、住み慣れた自宅、娘さんの献身的な介護もあって、自宅に戻ってからは食事が進むようになり、徐々に活気も出て、ベッド上で座れるようにもなりました。
Oさん宅は、娘さんと息子さんの3人暮らし。息子さんも脳梗塞後で麻痺があり、食事やベッドの横にあるトイレを使用するのも介助が必要です。娘さんは、お母さんと弟さんの二人を一人で介護している状況です。私たち訪問看護では、週2回排便援助に入らせていただいていますが、娘さんもお手伝いをしてくださり、その際、「あっち向いて~」などの言葉に即興で節をつけ、歌ってくださいます。娘さんの歌を聞きながら本当に穏やかな時間の中での援助、訪問の度にこちらが癒されます。
日々の介護は本当に大変だと思います。その中でも、介護を少しでも楽しくされている娘さんの姿をみて、大変な中でも「介護を楽しむ」というものを感じました。私たちも療養者さんや介護している方を、癒せるような存在になりたいと思います。

*Oさんは要介護度5 訪問診療1回/2週 訪問看護2回/週 訪問入浴1回/週 訪問介護2回/日を介護保険で受けておられます。

訪問看護に花は咲く3

長い夏が終わり、やっと秋らしくなってきましたね。
今月は、京都原谷にお住まいのTさんをご紹介いたします。Tさんとても明るく優しい方です。花で例えればひまわりの様な方。
訪問看護では、リウマチがあり、お薬の管理とリハビリで訪問しています。今は病状も落ち着いてきていますが、以前はお薬の副作用で大変辛い時がありました。でもそこは、持ち前の明るさで、笑いで吹っ飛ばして下さいます。
Tさんの趣味はパッチワークと絵手紙。体調を悪くして暫くパッチワークもお休みしていましたが、最近は少しずつパッチワークを始める事ができました。以前の作品も沢山ありましたが、お友達にほとんど譲ってしまうほどの太っ腹。今年78歳のTさん、新しい作品をステーションみんなで待っていますよ~


*Tさんは要介護1で、一人暮らしです。週1回の訪問看護と週1回の訪問介護での掃除と布団干しの援助を受けて、市内までのお買い物も時々楽しんでおられます。

訪問看護に花は咲く2

今回は京都の洛北にお住まいのHさんご夫婦のお話です。
Hさんは、奥さんと二人暮らし。COPDという呼吸器の病気で、気管切開をしておられます。ご自分でトイレまで位なら何とか歩けますが、少しの動作でも息が苦しくなったり、咳や痰が出て、首の付け根に開けた皮膚から気管までの通路から吸引チューブを挿入して、痰を吸引したりしないといけません。
食事は今はほとんど口から食べることが出来るようになりましたが、今でも足らない水分などは胃瘻(いろう)を使って入れておられます。胃瘻とは、お腹から胃に直接チューブを通して栄養などを送り込む方法です。奥さんは夜中に起きて、痰の吸引をしたり、昼間も食事の世話をしたりと大変です。
 でも、ここの奥さんはパワフルです。とても80歳を過ぎておられるとは思えないお若さです。
私達が行くと、いつもにこやかに迎えて頂いています。時にはご主人の前でも愚痴をこぼされますが、すぐに笑いに替えて、前向きな姿勢に・・・
以前、民謡サークルで鍛えた喉で、ご主人のリハビリとして歌っている「ボケない小唄」「ボケます小唄」を一緒に歌います。最初は声が続かないから歌えないと言っておられたご主人も、奥さんのリードで歌うようになられました。最近は、以前の「おはこ」だった演歌なども歌っておられます。私達ナースは二人の応援団です。これからも二人仲良く、暮らして欲しいと思っています。

*Hさんは要介護5 週3日のデイサービスと週1回の訪問看護を受けておられます。訪問看護では、病状観察や気管切開や胃瘻などの点検や周囲の清拭やベッドサイドでの運動や歌を歌うリハビリをしています。