寄り添うこと・・・(85)

ケアマネジャーのお仕事って・・?

包括支援センターで7年間経験を踏みまして、居宅に異動。四ヶ月目の新人ケアマネジャーです。皆様は、ケアマネージャーのお仕事にどんな印象を持っておられるかな?と思い、少しメディアの情報などを活用し調べてみました・・
「介護職より給与水準が高い!勤務時間の融通が利く!体力がきつくない!」と・・
また、仕事内容については「ケアプランの作成、利用者さん及び事業所との連絡調整、給付管理」と非常にシンプルに括られておりました。また、掲載の写真は、綺麗なスーツで着飾った、旅行代理店のようなお姉様の姿・・・。
間違ってはいなのだけれど、何か違うかなぁ?と感じました。
実際の事務所(現場)はいつも雑然、電話が鳴りっぱなし、てんてこまい!確かに、身体は移動の際にしか使いませんが、口と手と頭は一日フル回転。私の舌は、どれだけまわるのだろう?と自分でも驚くほどです。一つの出来事が動くと、それに伴って、いくつもの連絡調整、事務処理作業がお供してきます。また、孤立無援社会と呼ばれる情勢のなかで、独居の方の支援に携わる時は、サービスでは埋めることの出来ない様々な支援が必要になってきます。非常に多岐に渡り、その専門性、連携力、人間性を求められる仕事だと感じます。平均給与についても調べてみましたが、一部の事業所や企業参入で介護職より水準が高いとイメージがありますが、私自身も含め、周りの同職の仲間も共働きで生計を立てている世帯がほとんどです。また、実際は収支率差が最も低いのが居宅介護支援で、全サービス中唯一の赤字経営となっています。
2025年をピークに国内の高齢者数は増加の一方を辿ります。かたや、年々ケアマネジャーの受験者数、なり手が減少している背景には、文頭のようなシンプルな内容、好待遇だけでは働けない、複雑さや難しさ、奥深さがあるように思います。これからも経験年数を重ねながら、ケアマネジャーのお仕事について考え続けていきたいと過ごす日々です。

寄り添うこと・・・(84)

「STOP介護崩壊」介護保険制度の改善を求めます

2000年4月に介護保険制度が導入されてから20年が経ち、要介護認定者数は当時の約2.6倍まで増えました。そして3年に1回の改定の度に、利用者にかかる負担が増えています。主な内容は、

  • ・施設や通所サービスの居住費、食費が利用者の自己負担に
  • ・介護職員処遇改善加算の開始⇒利用者にも負担
  • ・一定水準以上の所得がある被保険者の自己負担を2割に引き上げ(2017年には3割負担まで引き上げ)
  • ・要支援1、2を対象とした「予防訪問介護と予防通所介護」を日常生活支援総合事業へ移行
  • ・負担限度額(特定入所者介護サービス費)確定の合計所得金額に非課税年金(遺族年金や障害年金等)も含まれるように
  • ・特別養護老人ホーム入所受け入れは原則として要介護3以上に

介護保険の費用が20年間で3倍にまで膨れ上がっていることから、制度を持続可能にしていくための財源確保に、給付削減・負担増を強いているのです。これでは本末転倒です。さらに、改正省令により、総合事業の対象者を要介護認定者に拡大する等が実施可能となりました。
介護保険制度改正は、決まったら納得できなくても従うしかない…
決してそうではありません。利用者、介護の現場からの意見を発信していくことが必要です。現在、次期介護報酬改定の審議が開始されています。これ以上の改悪を許さないため、いっそう高まっていく介護需要に応えていくためにも、介護保険制度の抜本的な改善は不可欠です。今秋から取り組んでいる、介護保険制度の抜本改善を求める請願署名に協力をよろしくお願いします。

寄り添うこと・・・(83)

コロナ禍で悶々と思う事

我が家の彼岸花

「ケアマネジャー」という雑誌でこんな記事を見つけました。
実在の話です。登場人物は、要介護のお父様と喘息のお母様そして息子様。
息子様がコロナに感染してしまったのですが、早くからコロナ感染を疑い、かかりつけ医、基幹病院、帰国者接触者相談センターを駆け回っていたのですが、なかなか検査してもらえず、検査に結びついたのは1週間後。
その後が大変だったようです。会社を経営していたのですが、感染したことを従業員に非難され、世間に非難されました。
介護保険に関することはほんの短い文でしたが、「息子が陽性だとうわさが広まったのだろう、介護サービスを拒否されたり、かかりつけ医以外の病院で診察を断られたりする事態となった」という事に目が留まりました。
これは現に私たちの身の回りで起こっている事なのです。コロナの第1波が過ぎて再び増えてきたとき、第1波よりも、利用者さんや、サービス事業所の職員その家族など、より身近なところで感染や濃厚接触者、その疑い者の名前が聞こえるようになったと思います。

利用者の名前が挙がった時にはケアマネジャーとしては、特に訪問介護サービスが予定通り提供してもらえるのか、事業所との交渉?お願い?お伺い?をしますが、在宅介護の要である事業所からは「行けません」の返事。「しかたないかな・・」という気持ちもあるが、「そんな馬鹿な・・この人は(利用者様)どうしたらいいのか・・」というのが正直な気持ちです。しかし、事業所の言い分も分かります。「少ない人数でやっているので、もし職員が一人でも感染したら事業運営が継続できなくなる。職員を守るのも事業所の役割」・・確かにそうです。
でも、やっぱり利用者さんは困っているのです。
訪問介護に対する感染予防のための教育や感染予防グッズの支給など、当たり前にサービスが提供できる(受けられる)介護保険であるべきだと思います。