寄り添うこと・・・(91)

私達と新型コロナウイルスとの生活が始まり、早くも二回目のGWを終えました。
テレビ報道で菅首相や小池都知事などの注意喚起の内容は大きな変わりはありません。ただ、人間は、いい意味でも悪い意味でも「慣れる事」が身についているのか、国民の意識、危機感、緊張感は昨年より大幅に減退しているように見えました。我慢の限界、生活や経済の問題などもあるでしょうが、コロナ入院患のベッド使用率、重症患者数、現場を支える医療従事者の方のことを思うと、今が一番の正念場なように思います。

京都市では、5/20よりコロナワクチン集団接種の申し込みが始まりました。第一優先は、かかりつけ医の医療機関になりますが、病院によっては接種を実施していない機関もあります。また、かかりつけ医であっても、ワクチンの数の関係で一か月ほど先の予定となる方もいます。対象の医療機関がない方は集団接種での申し込みになりますが、初日の5/20は回線が大混雑、市内で300回線の体制で臨んだとのことですが、私の担当する利用者様は、「朝から20回ほどかけてみたけれど繋がらなかった。夕方もう一度挑戦してみる」と、不安な表情で報告をくださいました。他のケアマネジャーも診療所と用事があるため連絡しても、ワクチンの問い合わせが集中しているからか、電話が繋がりらず困っている状況がみられました。

私達が感染を持ち込まないこと、広めないことは重要なことです。しかし、高齢で抵抗力も弱く、持病を抱えておられる利用者様がスムーズに接種できないことへのもどかしさを感じます。

一人でも多くの方が、一日でも早くコロナワクチン接種ができて、お身体を守り、気持ちが落ち着いて暮らせる日々がくることを願うばかりです。

寄り添うこと・・・(90)

2021年介護報酬改定に思う事

道に咲く花

私の人生経験は他のスタッフより長くなってしまった。ケアマネ経験も自慢ではないがすごく長い。でも途中元職に戻ったりしてずっとケアマネ一筋で生きてきたわけでもない。今まで幾度となく介護報酬改定の機会に巡り合ってきたはずであるが、幸せな事に深く意識せずに生きて(仕事をして)これた。いつも誰かが学んできたことを教えてくれるから。そんな私もひな鳥のように口を開けて餌をもらえる状況でなくなってしまい、研修に参加したり、資料を読んだり今までにない努力をして4月を迎えようとしている。
介護報酬改定があると、様々な文章を作成し京都市への届け出などに追われる。国からの大体の概要は1ヵ月ほど前からぼちぼち出ていても、「こんな時はどうしたらよいのか?」「この文章のとらえ方はこれで良いのか?」などなどの疑問にこたえてくれるQ&Aが出てきたのは正に年度末。どの事業所も「これはどうかな?」「知ってる?」と情報共有に余念がない。みんな介護保険下での「法令順守」の為である。
私たち事業所は法令遵守と、コロナ禍における「コロナ感染拡大を防ぐために5つの場面の回避」の継続でひたすらに自粛と我慢。友人との旅行も外食も一切断っている(そもそもそんな話は出ないが)。なのに、厚生労働省の職員それも介護保険課の幹部職員が「送別会」に参加して、一部の職員は夜中まで参加していたというニュースを聞いた。時期も時期だったので「介護報酬改定に伴い多大な労力を結集して、Q&Aも出せたからほっとしたのかな・・」と推測してしまったが、我々下々のものは必死にお上の言う通り耐えてきたことがむなしい。

寄り添うこと・・・(89)

春の訪れとともに ~いつもより少しだけ多く歩いてみよう~

朝はひんやりしていても昼にはグッと気温が上がり、ポカポカ陽気。春の訪れを感じる日も増えました。この2年は右を向いてもコロナ、左を向いてもコロナで、気分が沈みがちでしたが、日本でも医療従事者のワクチン接種が始まりました。新年度に向け、晴れやかな気持ちで臨みたいものです。

4月といえばお花見の季節。日中は場所取りをする若者、夜はどんちゃん騒ぎをする人々の姿がお決まりの光景でしたが、それすらも遠い昔のように感じます。京都は2月28日に緊急事態宣言を解除しましたが、「飲酒を伴う飲食の制限」の呼びかけは続いています。お花見の楽しさを思い出して、少しくらいならいいかな…と思う気持ちを抑え、もう少し我慢しようと思います。
どんちゃん騒ぎは出来ませんが、散歩は出来ますよね。歩くのが気持ち良い季節です。春の空気を思いきり吸い込んで、かも川沿いや宝ヶ池公園、比叡山など、いつもより多めに歩いてみようか、と思う今日この頃。「1日の歩数」が多い人ほど、善玉コレステロールの値も高いそうですよ!

ステーション脇に咲く沈丁花