寄り添うこと・・・(72)

8月のブログで介護保険の改正点についての概要をお知らせしました。今回は「軽度者への生活援助サービス等に関する給付の在り方」について詳しくみていきましょう。

ここで「軽度者」と呼ばれているのは、「要介護1と2」の認定を受けた人たちです。
現在、社会保障審議会ではこの要介護1と2の認定を受けた人たちの「生活援助サービス等」を介護保険から切り離し「総合事業」へ移行することが検討されています。総合事業とは市区町村が運営する事業です。京都市では既に要支援1と2の訪問介護と通所介護は2017年4月より総合事業へ移行されていますが、従来より事業所の基準を緩和し報酬が低く設定されているため、要支援者の支援から撤退する事業所も相次ぎ、医師の診断を経ないままのサービススタートとなることへ事業所側からも不安の声が上がっています。
今後の対応策としては、短時間研修(8時間程度!?)で養成された生活援助ヘルパーや有償ボランティアなどが担当する、安価な「多様なサービス」に移行することが期待されていますが、全国の市区町村の約7割は、その「多様なサービス」をつくることができない状態にあるそうです。

皆さん、要介護認定を受けられる原因の一番はどのような疾病かご存知でしょうか。
要介護状態になる原因のトップは「認知症」です。認知症状が重症化しないためには早い段階での専門職による適切なサポート(生活支援)が必要です。ヘルパーさんは単に買い物や掃除の支援をしているわけではありません。同じ物ばかり注文していないか、冷蔵庫の中に賞味期限切れの食品が溢れていないか、最近探し物が増えていないか、足腰の痛みはどうか、家の中で転倒リスクが高い場所はないか、専門職の目で心身状態を観察しケアマネジャーへ気付きを報告してくれます。その視点こそがボランティアなどの支援には替えられないヘルパーによる生活支援の専門性です。

介護保険料ばかりが右肩上がりで、介護保険で使えるサービスはどんどん縮小。「保険あって介護なし」が現実のものとなることを痛感させられる検討内容です。

寄り添うこと・・・(71)

~年金生活者支援給付金制度~


皆さんに最近、こんなハガキが届きませんでしたか?
『年金生活者支援給付金請求書』

2019年4月1日時点で老齢・障害・遺族基礎年金を受給している方で、年金生活者支援給付金を受け取れる方には9月以降、日本年金機構から上記のハガキが送られてきます。
10月から消費税が10%にアップすることで、私たちの生活はますます厳しくなることが予想されますが、そんななか最も影響を受ける低所得者への支援という意味合いで、「年金生活者支援給付金」が支給されます。
老齢基礎年金受給の方の支給要件は、

  • ●65歳以上の受給者である。
  • ●同一世帯の全員が市町村民税非課税である。
  • ●前年の公的年金等の収入金額※とその他の所得との合計額が879,300円以下である。

給付額は、基本的に『月額5,000円×保険料納付済期間÷480』で計算された額が支給されます。また、対象は世帯ではなく個人なので、夫婦どちらも支給対象となる場合は、それぞれに支給されます。
ハガキには、提出日、氏名、電話番号を所定の位置に書き込むだけです。支給の要件を満たす限り、一度手続きを行えば、以後の手続きは不要です。
認定されると10月分と11月分の給付金は、12月中旬に振り込まれます。以降、振り込みは年金と同じ口座に偶数月に行われます。ただし、ハガキ請求の到着が10月18日以降になると、振り込みも来年2月以降になってしまいます。さらに、今年中に請求すると、制度のスタートである10月分から振り込まれますが、請求が来年にずれ込むと、請求した月の翌月分からしか受け取れません。

しかし生活保護受給者の方は、申請はさせられますが、給付金は収入とみなされ、その分保護費は減らされてしまいます…矛盾を感じずにはいられない制度です。

寄り添うこと・・・(70)

ケアプランの有料化

前月のブログで介護保険の改正点についての概要をお知らせしました。
今回は「ケアプランの有料化」について詳しくみていきましょう。

ケアプランとは…在宅や、施設を問わず、介護において、どのようなケアを受けていくのか考えられたものです。利用者の意向に添ってケアマネジャーがプランを作ります。ケアプランの作成は直接利用者からお金は頂いてはいませんでした。作成にかかる費用の10割(平均1万4000円)は保険者(それぞれの自治体)を受けており、今後高齢化が進む中、急増する介護サービス費を抑制する狙いで一部自己負担となる見込みです。

現在、負担割合は1割、2割3割負担の方がいらっしゃいます。プランが一部有料化されると、国は、1割の方で平均1000円、2割の方は2000円3割負担だと3000円、予防プランについては500円と言っています。

介護保険制度が施行され、改正されるたびに利用者への負担が増えており、このままでは「使いたいが使えない介護保険制度」になってしまいます。

私たちは、今秋より介護保険改正法案について、その内容を広く知らせていく介護ウェーブに取り組んでいきます。

暑い夏も終わり…淡路島イングランドの丘にて