寄り添うこと・・・(94)

担当しているTさんは一人暮らしの女性。要介護5で生活保護を受給されています。自力で歩行ができず、家にいる時は終日ベッドで過ごされています。
4月からの介護報酬改定で様々な加算が上積みされたこと、ベッド上の排泄のため臨時でヘルパーが支援することもあり、支給限度額を度々オーバーするようになりました。限度額が超えないようにデイサービスを中止する等で対応してきましたが、週2回のデイサービスでの入浴ができなくなると、清潔が保持できず皮膚のトラブル等も発生します。ケースワーカーさんと相談し、「他人介護料」という制度を活用することになりました。

他人介護料とは、「介護保険、介護扶助及び障害者施策による居宅介護を利用可能限度まで活用し、それでもなお、介護需要が満たされない場合において、家族以外の者から介護を受けることを支援するために行うものである」(平成12年3月31日厚生省通知)とされています。この規定は今も変わらず適応されています。結果的に毎月支給限度額を超えた自費分はいったん本人がサービス事業所に支払い、翌月返金されるという流れになりました。

私たちケアマネジャーは、様々な制度を活用していますがその細部まで把握しているわけではありません。だからこそ困ったときに相談できる専門家との関係づくりが大切だと感じました。もちろん制度を知らなくても良いわけではありませんが、福祉には福祉の、障害には障害の、介護には各分野での専門家集団がいます。ケアマネジャーは利用者の「最後まで自分らしく生きたい」を代弁する役割があり、その実現のために多くのスタッフの力を借りています。しかしこれも制度あっての実現、介護保険制度をよりよくしていかなくてはならないと思います。介護報酬とともに支給限度額を引き上げること、1割負担~3割負担の定額負担制度を見直すこと等課題は山積みです。
何より命は平等であり、自分らしく生きる事は万人に保障される権利であることを、ケアマネジャーとして発信し続けたいと思います。

3年前に行った沖縄。今度行けるのはいつのことかな・・・

寄り添うこと・・・(93)

2021年7月23日、東京都の新型コロナ新規感染者が1,000人を超えるなか東京五輪が開幕されました。世論調査でも都民の半数以上の反対があったにも関わらず、IOC(国際オリンピック委員会)のバッハ会長、菅義偉首相の開催への強い意向で強行されたような気がします。

たしかに日本の選手がメダルをとった、と聞くと嬉しい気持ちになり感動があります。一方で、外国人選手が入国する際の自宅待機日数が3日間しかないこと、練習のための外出も認められていること等、疑問点があとを絶ちません。

デルタ株がまだ確認されていない参加国もあり、東京で初めて感染し感染力の強い変異株を自国に持ち帰り流行させてしまう恐れや、南米のペルーやブラジルで流行している変異株(アンデス型のラムダ株)が持ち込まれないか、国内だけの問題ではなく世界規模の問題であると思います。

五輪開催中の今も東京都の感染者数は著しく増え続け、40代、50代の感染者の重症化がみられます。医療現場がひっ迫し、介護サービススタッフにもワクチン接種の普及がすすまないままの五輪開幕、開催中であっても感染急増の事態にしっかりと検証する必要があるのではないでしょうか。

グリーンカレー作りに挑戦‼

寄り添うこと・・・(92)

生活保護というセーフティーネットについて

コロナ禍の打撃が低所得層ほど大きく影響を受けているのはTVのニュースなどでご存じの方も多いと思います。改めてご紹介すると、コロナウイルスに感染する割合も貧困世帯は富裕世帯に比べて5倍、死亡率も4倍ほど高いそうです。その実態は低賃金労働者の多くはパンデミック下でも対面の仕事に従事することが多いこと、貧困地区は人口密度が高い場合が多いこと、貯金が少なく労働時間を減らす事ができないことなどが考えられます。また、賃金の減少に関して、就労年収が1割以上低下した割合は800~1000万の世帯は9.3%ですが、200万未満の世帯は23.5%にも及ぶと、ニッセイ基礎研究所の調査でも明らかになりました。
もともと余裕のない生活にこのような追い打ちを受けると、食費や被服費・光熱費・医療費・教育費などの最低限度必要な出費すらも削らざる負えない状況に陥ります。苦しい思いをされている方、そうでない方に対しても、生活保護というセーフティーネットを少しでも多くの人に正しく理解してもらえるよう私たちは働きかけたいと考えます。
厚生労働省ホームページ上の生活保護の記事とURLを掲載いたしますのでご覧ください。

生活保護の申請について、よくある誤解
(詳しくは生活保護制度をご覧ください)

  • ○ 扶養義務者の扶養は保護に優先しますが、例えば、同居していない親族に相談してからでないと申請できない、ということはありません。
  • ○ 住むところがない人でも申請できます。
    ・まずは現在いる場所のお近くの福祉事務所へご相談ください。
    ・例えば、施設に入ることに同意することが申請の条件ということはありません。
  • ○ 持ち家がある人でも申請できます。
    ・利用しうる資産を活用することは保護の要件ですが、居住用の持ち家については、保有が認められる場合があります。まずはご相談ください。
  • ○ 必要な書類が揃っていなくても申請は出来ます。福祉事務所にご相談ください。

厚生労働省ホームページより引用

※私たちは北区食糧支援プロジェクトを応援しています