寄り添うこと・・・(56)

老いはどこから・・・

梅雨の瞬きの青空
夏に向かってゆく季節ではありますが、さわやかな風は秋を感じさせる今日この頃です。
秋と言えばなかなかにものさみしさを感じさせます。
人間の老いにも似た季節です。

私自身のことですが、最近は視覚、聴覚が鈍くなってきたのを感じます。たちまちに「前とはちょっと違う」という違和感を感じるようになりました。
大勢で話していると、聞き漏らすことが増えてきました。もともと近視で、遠くの景色はぼやけていましたが、ついでに近くのものまでぼやけてきました。以前と比べるとコミュニケーションがスムーズにいかないことが増え、生活のしづらさを少しだけ感じるようになりました。

年を経るということは、人間にとって当たり前の営みの結果でもあるのですが、マイナス思考に走ってしまうのはなぜでしょうか。若くても、小さくても、生きづらさは誰もが抱えている問題です。高齢になればなるほど身体的なハンディを抱えて、それが生きづらさにつながっているとしたら、ちょっとした手助けがあればどんなに自立した、尊厳のある暮らしが続けられるでしょうか。

生活援助や通所介護(デイサービス)、福祉用具貸与(歩行器や手すり)などのいわゆる福祉系サービスは、老いと向き合ったとき、ちょっとした手助けをしてくれるなくてはならないサービスだと思います。
国は「自立支援」をうたい文句に、介護サービスの中でも、とりわけ福祉系のサービスの報酬を下げ、いずれ介護保険から外すことを考えているようです。重度の寝たきりにならないとサービスが使えないのは本末転倒です。病気も早期発見、介護も早期対応がとても大切だと思うのです。

高齢者の方々の支援に関わって、これまでの長い歴史を理解することと合わせて、これからの未来をどう描くのかということを考えるようになりました。「最後」ではなく、「これから」、「終末」ではなく「未来」。生きている限り自分の明日をどんなに価値あるものにしていくのか。
一緒に考え、見つけていけるサポーターでありたいと思う今日このころです。これも私の「老い」のなせる業でしょうか。

寄り添うこと・・・(55)

汗ばむ季節になりました。光熱費削減が至上命令の当事業所に於いても、ついついエアコンのスイッチに手が伸びる事が多くなってきています。

暑くなりだすと、私共のような御高齢の方を相手に仕事をする者がおのずと気になるのが熱中症対策です。

東京消防庁のデータによると、80歳代の方が熱中症で救急搬送される数は、60歳代の約2倍になるそうです。年齢を経るごとに、加齢や疾患による体温調整機能の低下等から搬送率が高くなるのは当然であると思いますが、それだけではなく、高齢者特有の生活習慣や水分の取り方なども大きな要因にあるようです。

まずエアコンをなかなか使おうとしない事があげられます。限られた年金や貯蓄頼みで生活する高齢者が電気代を節約する為にエアコンを使わないというのはよく聞かれる話です。認知症を患う方がエアコンを操作できず、窓を開ける事もできずにいた、というケースもあります。
暑い部屋の中、夜間不眠による昼夜逆転や薬の副作用などによってウトウトしてしまい、気付かないまま脱水状態となって意識混濁に陥るという事もあるでしょう。

トイレが近くなるので水分を摂りたくない、という訴えもよく聞かれます。

嚥下機能が低下してむせる事が多くなり水分を避けるようになる。手指機能の低下によってコップに水を注ぐ、コップを持つ動作が辛くなる。感覚の鈍麻から、そもそも喉の渇きを感じにくい…。様々な理由から日常的に水分を摂る習慣から遠ざかってしまいます。

しかし、少しの工夫や手助けで解決や代替策を講じ得る事もあると思います。
エアコンの電気代節約やスイッチのON/OFFは、設定温度やタイマーを上手く使う。
水分でむせるならトロミ材を活用する。軽くて飲みやすいコップやストローを使う。喉が渇いていなくても、決まったタイミングで少しずつでも水分を摂るよう習慣を付ける…。

もし周りに熱中症のリスクが高くて心配な方がおられるなら、ゆっくり時間をとってその方と麦茶の一杯でもご一緒してみては如何でしょうか。飲むしぐさや会話の中から、その方に合った予防方法を見つけてあげられるかもしれません。たとえ見つからなかったとしても、とりあえずコップ一杯分の水分確保をお手伝いする事になります。

寄り添うこと・・・(54)

今回は65歳以上の公的年金収入だけの方について、所得税がからなくても住民税がかかる場合について考えてみたいと思います。
年金額が158万円以上ある場合には所得税がかかります。158万円を超える場合には、毎年10月頃に日本年金機構から、「公的年金等の受給者の扶養親族等の申告書」という書類が送られてきます

これを提出しましょう‼
これを提出しないと、各種控除(医療費控除…)は受けられません。提出するかしないかで所得税の税率も違ってきます。

確定申告については

公的年金等に係る確定申告不要制度
「公的年金が年400万円以下、かつ年金以外の所得が年20万円以下の場合は、所得税の確定申告は不要」という制度


とありますが、住民税は所得税に比べて税金のかかる基準が低いです。ですから所得税がかからなくても、住民税がかかることがあります。公的年金収入190万円ぐらいで住民税(市府民税)がかかってくるのではないでしょうか。特に住民税非課税かどうかが大事です。国民健康保険料の減免、高額療養費の減免、入院した場合の食事代の一部負担金の減額措置、障害者の場合はNHK受信料が免除される等の費用負担に関わってきます。
※ただ、公的老齢年金収入だけの120万円までの方、生活扶助を受けている方、障害者で合計所得金額125万以下の方は住民税非課税で、確定申告の提出は不要です。

〈ご参考に〉
〇確定申告は前年度1/1~12/31の所得に対して
〇申告時期2/16~3/15(所得税・住民税の同時申告となる)
住所所在地(1/1現在)の市町村長に提出。

〇住民税には、所得割と均等割の2種類
(扶養親族なしの場合の計算)
① 所得割額:課税される所得×10%-調整控除額
→前年度の合計所得金額35万以下だと均等割りは課税なし
② 均等割額:1級地では5000円程
→前年度の総所得金額が35万円以下だと所得割は課税なし
※その他復興特別税が均等割額に1,000円上乗せ

住民税は6月に決定し、各家庭に送られてきます。今からでも遅くはありません。各自治体の課税課や市民税第一担当に出向いて相談し、今からでも申告をおすすめします。

1 / 2012345...1020...最後 »