寄り添うこと・・・(49)

介護保険

介護保険は国家的詐欺。一見強すぎる表現であると感じますが、介護保険制度の生みの親とも言われている元官僚の言葉を抜粋したものです。
「保険料を納めた人には平等に給付を行うのが保険制度の大前提。しかし、要支援者の介護サービスを市町村に移し替えたり、給付額に資産用件を導入することは保険制度からいえば筋違い。特に団塊の世代にとって現在の介護保険制度は国家的詐欺になりつつあるように思えてならない。」
介護保険の生みの親とまで言われた人が、今日の介護保険を「国家的な詐欺」と表したことの意味はとても大きいと思います。40歳以上の全国民から徴収されている保険料ですが、開始当初の全国平均は2075円。2017年現在は40~65歳で5642円(公務員or会社員の平均)、65歳以上は5514円まで跳ね上がっています。
このまま介護保険改悪が続けば、団塊の世代が後期高齢者となる2025年には、要介護3以上でないと保険給付は受けられず、全ての利用者が2割負担となり、一定の預貯金があれば3割以上の負担を強いられかねません。徴収される介護保険料はさらに上がりますが、介護人材は今以上に不足して介護基盤は崩壊…という未来になりかねません。
危惧し嘆くだけでなくだけでは、残念ながら何も変わりません。私たちは、このまま全てを受け入れて不安な老後を迎えるのか、NO!と声を上げて立ち上がるのか、歴史の岐路に立っています。

11月12日に河原町で宣伝を行いました。

寄り添うこと・・・(48)

ケアマネジャーの資格は5年毎の更新です。ケアマネジャーにとっては、業務時間1分でも惜しい状況の中、更新研修での講習やグループワーク、課題提出に時間を費やされる事は過酷です。もちろんケアマネジャーとしての専門職の力量を上げていくには大切な事ですが、実務経験者として就労後6ヶ月以上で56時間、その他32時間という受講が必須とされている今、「ここまでしなくても…(-_-;)」というのが行政に対する正直な気持ちです。

2018年は介護保険改正の時期となります。制度スタートから3年毎で6回目の改正です。介護保険制度改正と政治は切っても切れない関係です。これほど身近な社会問題であるにもかかわらず、介護保険制度の仕組みやサービスについて理解している一般市民の方は一体どれほどいるのでしょうか。もしかすると、政治家すらその実態を知らずに改革をすすめようとしているのではないでしょうか。

けれど今、行政の一方的なやり方に、異論を唱え、議論しなければ、高齢者だけではなく若年層や子供たちの未来は必ず歪んでくるものと確信しています。
「医療と介護の一体的な改革」は着々とすすめられていますが、これまでの改革のほとんどが一時しのぎに過ぎない気がします。消費税増税が見送られましたが、このままの財政状況が続くといつか必ず10%になると思います。しかしその後はどうなるのか。おそらく、若年者への負担も拡大され、高齢者だけでなく子供の貧困や格差、少子高齢化にますます拍車がかかってくるに違いありません。貧困や格差は一部の人の問題ではなく、今後の日本全体の大きな問題です。

しかし選挙の投票率がなかなか上がらないのは、複雑すぎる制度や状況の中、誰を信用して投票すればいいのかわからない有権者が多いのかもしれません。介護保険制度の改悪、社会保障費の削減、消費税増税をする前に、不公平な税制を見直して必要な財源を確保するために果たすべき国の責任もたくさんあるのではないでしょうか。

寄り添うこと・・・(47)

話し合うことが一番の安全保障

北朝鮮から弾道弾ミサイルが発射されたニュースが連日、報道されています。北朝鮮が核兵器の存在をちらつかせながらのミサイル発射は、アジアにとっても世界にとっても脅威です。戦争の火種となるような行為は断じて許せないと思います。
一方で、北朝鮮の脅威を理由に武力による対抗が必要など、一部マスコミが言い出しています。脅威が迫っているので、軍事対軍事で解決できるような論調もあります。

しかし、これはもっとも危険な考えだと思います。アメリカ社会をみれば良くわかることで、自分の身を守るという理由でほぼ自由に国民が銃を持つ事ができます。そのために毎日何十人もの人が銃で亡くなっており、もはやアメリカではその事がニュースにならない事態になっています。ミサイルが発射されれば、避けることはできません。
「撃ったら撃ち返せ」ではすみません。多くの国民が犠牲になることになり、更に戦争になれば甚大な被害になることは間違いありません。
日本は日本海側に数多くの原子力発電所があり、核兵器がなくても攻撃を受ければ日本に住めなくなります。私たちは核兵器廃絶に向け長年取り組んできました。そのことが実を結び「核兵器禁止条約」が締結されました。まだまだ課題は多いですが、核兵器廃絶が世界の流れになり結実したことは間違いありません。

日本政府は唯一の被爆国としてまた、憲法9条を持つ国として軍事対軍事、武力対武力の解決ではなく平和解決、話し合うことが一番の安全保障になります。今、この状況であるからこそ戦争のない世界、核兵器廃絶を求めることが大切です。

1 / 1712345...10...最後 »