寄り添うこと・・・(58)

私が担当する月のブログは何故か災害時の避難に関する事が続いています。
今回もまさに6月の地震と7月の豪雨が続きました。実体験からそのとき何をしたのか?準備していた事は役に立ったのか?課題は何か?振り返りをしたいと思います。

6月の地震は京都府の南の方は実害があったようですが、北の方は揺れはしましたが被害は無かったようです。当事業所での対応は、一人暮らしで近くに家族や身寄りのいない方には被害状況の確認の電話をかけた程度でしょうか。

7月4日からの豪雨の時は増水した賀茂川を見て雨の恐ろしさを感じました。5日からは避難勧告、避難準備情報、避難指示などあちこちで鳴り続く携帯のアラームに気持ちだけ右往左往状態でした。
7月5日午後になってやっと、以前作成していた「私の避難計画」(個々の利用者毎に避難場所、緊急連絡先、配慮が必要な事項を書き出したもの)を取り出し、警報が発令された地域の住んでいる高齢者世帯、近所に家族がいない方を対象として電話をかけて状況確認をしました。しかし「何処にも行かない」「ここにいる方が安心」「どうやって避難場所まで行くの?」と言う反応。すんなり「避難する」と言った方は一人としていませんでした。「ここから避難所までどうやって避難したら良いの?」と聞かれた時は返事に窮してしまいました。
今回のことから学んだことは、「私の避難計画」のみならず、ハザードマップ上の危険区域に住んでいる方の名前をマップに落とし込んでおくことで把握が早く行えること。何より自分自身に危機感がまだ足りていなかったことを反省しています。
京都は比較的災害が少ないのですが、これからもそうだとは限りません。今回の反省点を教訓に事業所として取り組んで行きたいと思います。

寄り添うこと・・・(57)

連日、暑さが続いています。京都は特に暑いと言われますが、理由として、四方が山に囲まれた盆地であるがゆえ、風が通らないことが挙げられます。特に南部はすっぽりと囲まれています。この時期になると、熱中症対策など気を付けていかなければなりません。こまめな水分補給を心がけてください。

先日、認知症の研修に参加し、ケアマネブログのタイトルにあるような、まさしく「寄り添う事」を学んできました。「寄り添う」と一言に言ってもなかなか難しいことと思いますが、まず、認知症の方本人の視点から考えていくことから始まります。

「今まで何をしていたのか、これから何をするのかわからない」「周囲の人から色々言われるが身に覚えのない」「目の前からどんどん物が無くなる気がする」など、認知症の方の立場に立って状況を想像してみると、とても不安な気持ちになることがよくわかります。

一方で、認知症の方を介護する家族の立場になると「会うたびに変わっていく親の姿」「会っても、自分のことを忘れている」「外に出てしまうので目が離せないため、自分の生活ペースがくずれていく」など、本当に大変な状況がわかります。

認知症になったから何もできない、何も決められないと思いがちですがその人本人が、今出来る事、家族が今出来る事、出来ない事など、担当のケアマネジャーと一緒に考えていき、本人が望む生活を支えていけるよう話し合っていきましょう。

「寄り添う事」とは担当させて頂いている本人は勿論のこと、家族の方にも「寄り添う事」が大切だと思っています。些細なことでも一緒に考えていけるケアマネジャーであり続けたいと思っています。

寄り添うこと・・・(56)

老いはどこから・・・

梅雨の瞬きの青空
夏に向かってゆく季節ではありますが、さわやかな風は秋を感じさせる今日この頃です。
秋と言えばなかなかにものさみしさを感じさせます。
人間の老いにも似た季節です。

私自身のことですが、最近は視覚、聴覚が鈍くなってきたのを感じます。たちまちに「前とはちょっと違う」という違和感を感じるようになりました。
大勢で話していると、聞き漏らすことが増えてきました。もともと近視で、遠くの景色はぼやけていましたが、ついでに近くのものまでぼやけてきました。以前と比べるとコミュニケーションがスムーズにいかないことが増え、生活のしづらさを少しだけ感じるようになりました。

年を経るということは、人間にとって当たり前の営みの結果でもあるのですが、マイナス思考に走ってしまうのはなぜでしょうか。若くても、小さくても、生きづらさは誰もが抱えている問題です。高齢になればなるほど身体的なハンディを抱えて、それが生きづらさにつながっているとしたら、ちょっとした手助けがあればどんなに自立した、尊厳のある暮らしが続けられるでしょうか。

生活援助や通所介護(デイサービス)、福祉用具貸与(歩行器や手すり)などのいわゆる福祉系サービスは、老いと向き合ったとき、ちょっとした手助けをしてくれるなくてはならないサービスだと思います。
国は「自立支援」をうたい文句に、介護サービスの中でも、とりわけ福祉系のサービスの報酬を下げ、いずれ介護保険から外すことを考えているようです。重度の寝たきりにならないとサービスが使えないのは本末転倒です。病気も早期発見、介護も早期対応がとても大切だと思うのです。

高齢者の方々の支援に関わって、これまでの長い歴史を理解することと合わせて、これからの未来をどう描くのかということを考えるようになりました。「最後」ではなく、「これから」、「終末」ではなく「未来」。生きている限り自分の明日をどんなに価値あるものにしていくのか。
一緒に考え、見つけていけるサポーターでありたいと思う今日このころです。これも私の「老い」のなせる業でしょうか。

1 / 2012345...1020...最後 »