訪問看護に花は咲く59

災害看護学会に行ってきました

先月に続き、災害の話題です。
8月10~11日、神戸国際会議場で開催された「災害看護学会第20回年次集会」に参加しました。

関西でも6月18日に大阪府北部を震源とする地震、7月は大雨で避難勧告が発令されるなど、災害が身近に迫ってきています。

学会の中で「避難所のゴミを利用した生活改善の可能性を体験してみませんか?―使用済みペットボトル等の再利用方法の提案―」と言うワークショップに参加しました。
避難所では水分補給のため一人当たり3本のペットボトルが支給されます。
体育館のような規模の避難所では、約500人避難してくるそうです。
と言うことは毎日1500本ほどのペットボトルがごみとして出てくる計算です。
使用済みペットボトルが再利用されたら、ごみも減り一石二鳥です。
避難所の光景でよく目にするのは、段ボールの間仕切りです。
ペットボトルのパーテーション類は安易に形を変えられる、軽い、不要になったら解体し、別のものに再利用できます。

ワークショップでは実際に参加者みんなでラップの芯やペットボトルで、パーテーションや椅子、
簡易ハンガーかけを作成しました。

初めて会った方ばかりでしたが同じ看護職、一致団結し作業にあたり、指導員さんもびっくりの簡易テントができました。

ラップの芯やペットボトルなど、家にあるものを再利用できるので、在宅でも活用できるヒントがいっぱいでした。
災害現場で使用する日が来ないのが一番ですが、知識を持っていくことは必要だと感じました。

訪問看護に花は咲く58

災害に備えましょう
~日ごろのちょっとした知恵や工夫で!~

最近、日本各地で災害が起こり甚大な被害をもたらしています。
京都も地震や水害があり、どうしたら災害に備えることができるのか?
皆様お困りではありませんか?

そんな災害に備えて普段の生活の中でできる工夫を紹介します。

  1. 窓掃除のついでに、飛散防止フィルムを貼る。
  2. 掃除のときに人手があれば、家具が倒れてきても大丈夫な場所に家具を移動する。ついでに固定器具を取り付ける。
  3. スーパーで買い物をするついでに、災害用の飲料水や食料を買う。
    「家庭内流通備蓄」という方法も!
    ふだんの食糧品の中で保存できるもの(レトルト食品や缶詰など)を多めに買っておき、日常生活で消費したらその分を補充する「家庭内流通備蓄」を行なえば、自然に備蓄ができます。特別に災害用の食糧を確保しておくのではなく、食べながら補充するので賞味期限が切れてしまう心配もありません。
  4. ハザードマップを準備する。
    ハザードマップとは…自然災害による被害を予測し、その被害範囲や危険度を地図にまとめたもの
  5. 防災グッズを準備する(家庭にあるリュックサックの中に)
    ・電池不要の手動充電式LEDライト(なければ懐中電灯)
    ・濡れティッシュ ・常用の薬と薬手帳 ・タオル ・着替え
    ・ラジオ ・歯ブラシ ・トイレットペーパー ・ゴミ袋
    ・ビニール袋 ・雨具 ・軍手 ・予備電池 ・飲み水
    ・アルミブランケット ・携帯の簡易充電器 ・缶詰
    ・家族写真 など…
  6. 寝室に、寝ていてもすぐに履けるように靴を置いておく。
    (地震に備える場合…地震被災者の方の経験から…)

災害はいつ発生するかわかりません!

  1. ハザードマップを確認する
    自治体で作成しており、自分が住んでいる地域がどれくらい揺れるのか、火災の延焼危険度、液状化・津波・土砂災害・洪水などの危険度がわかります。
  2. 行動を決めておく
    どこに避難すれば安全か。災害が起きたときの、とっさの判断は難しいものです。事前に建物の耐震性や二次災害の危険が高い場所を調べておくことで、すばやく安全な場所へ避難できます。

家族マニュアルを作成する

  1. 集合場所・時間は具体的に
    確実に家族と会えるように、家族の間で具体的な待ち合わせ場所や時間を決めておきましょう。
    たとえば…○○学校のジャングルジムの前に集合。朝9時、または午後3時のどちらかの時間になど詳しく決めておきます。
  2. 連絡手段は複数決めておく
    携帯電話ひとつに頼ってはいけません。
    NTTの災害用伝言ダイヤル171、携帯電話各社の災害用伝言板、Facebook、Twitterなどさまざまなツールでの連絡を!
    (家族間はグループLINEがつながりやすく便利だったという災害経験者の方からの情報もあります。)
    家族の携帯番号やSNSのログイン情報も書き記しておけば、携帯電話が使えなくなったときも安心です。
    携帯の簡易充電器があると便利です。

災害時のことを予測し、それに対してしっかり対策を行うことで、被害を最小限にとどめられます。災害に対する備えは「そのうちやろう…」とつい後回しにしがちですが、「あのときやっておけばよかった」と後悔する前に、ぜひできることから始めてみてください。

訪問看護に花は咲く57

熱中症予防
~炎天下にいる人だけでなく室内でもそのリスクは大いにあります~

先日、利用者さんのご家族が自宅の庭に咲いている真っ白な紫陽花を2本切って袋に入れて持たせてくださいました。
しかし残念なことに次の訪問先に向かっている間に、バイクの荷物入れの中で紫陽花がすっかりしおれてしまいました。


人の身体もこの時期になると水分不足や熱中症には要注意です。
熱中症の初期症状は足のけいれんや失神・頭痛・嘔吐があります。重症化すると肝臓・腎臓などの臓器に障害が起きることもありますので、予防が非常に大切です。

原因は・・・
●喉の渇きを感じにくい場合は、気づかないうちに症状が悪化する可能性がある
●室内の湿度・温度が高い
●疲労している
●睡眠不足の状態
●衣服や寝具
予防法は・・・
●こまめな水分補給をしましょう。(水・お茶・スポーツドリンク・みそ汁など)
●適切な湿度・室温調整をしましょう。風通しを良くしたりエアコンなどで室温28℃以下を維持しましょう。
●屋外では風通しのよい日陰を活用しましょう。
●日頃から体調を整えましょう。
●適切な衣服や寝具を選びましょう。
●アルコールは利尿作用で脱水しやすいため、飲み過ぎないようにしましょう。
以上、ご不明な点は訪問看護師にお尋ねください。

ところで、前述のしおれてしまった紫陽花は事務所に帰り水をたっぷり入れた花瓶に挿すとたちまちシャキッと元の可憐な姿にもどりました。
暑い夏、皆で声をかけあい熱中症予防に努めましょう。

1 / 2112345...1020...最後 »