訪問看護に花は咲く104

健康寿命

健康寿命とは、2000年にWHOが提唱した概念で、日常的・継続的な医療・介護に依存しないで、自分の心身で生命維持し、自立した生活ができる生存期間のことです。

私事ですが、今年の2月、関東で一人暮らしをする祖母が他界しました。94歳でした。ある日突然、歩くことができなくなり、不本意にも入院することとなったのですが、すでに片足の動脈が詰まり、腎不全末期の状態でした。亡くなる10日前くらいまで、歩いて年金を下ろしに行っていたというので驚きです。糖尿病も患っていましたが、食べることに貪欲で、ご近所さんとも交流があったようです(急変時もご近所さんが発見し、世話をして下さった)。

2016年では、健康寿命の平均寿命との差は男性約9年、女性約12年となっており、2001年と比べると平均・健康寿命とも延びていますが、その差は縮小していないそうです。健康寿命を延ばすことが必要と言われていますが、便利で楽な生活が当たり前になり、今の現役世代が高齢者となる頃にはその差がさらに大きくなっているような気がしてなりません。
祖母のように、周りにほとんど迷惑をかけることなく、健康寿命を延ばすにはどうすればよいでしょうか?よく言われるのは、食事、運動、睡眠、禁煙などですが、意識しないとなかなか実行に移せず、自分自身の苦手分野でもある運動について触れてみたいと思います。

ロコモティブシンドロームを予防する10の習慣
1.歩幅を広くして、早く歩く。
2.自転車や徒歩で通勤する。
3.エレベーターやエスカレーターではなく階段を使う。
4.地域のスポーツイベントに参加する。
5.仕事の休憩時間に体を動かす。
6.テレビを見ながらロコトレやストレッチ。
7.いつもより遠くのスーパーまで歩いて買い物に行く。
8.掃除や洗濯はキビキビと。家事の合間にストレッチ。
9.近所の公園や運動施設を利用する。
10.休日には家族や友人と外出を楽しむ。

参考:厚生労働省「アクティブガイド2013」

いかがでしたか?すぐに取り組めそうなことから、少し難しいことまであると思いますが、これからの高齢化社会に備えるためにも、少しずつでも生活に取り入れてみたいものですね。

訪問看護に花は咲く103

災害は忘れたころに…

3月11日、ステーションの3部署(居宅、包括、訪問看護)合同で災害時机上訓練を実施しました。
震度6強の地震が来たという設定で、各自がそれぞれの場所でどのように動くか、何が必要か話し合いをしました。
みんなで話しをしていると「あれもいるよね」「それは想定してなかった」など気づかされることが沢山ありました。

その中でふと、「我が家の避難リュックはどうなっているだろう?」と思いました。
我が家のリュックは1995年の阪神淡路大震災の直後に、当時の防災情報を基に作ったもの。
最近は1年に1回大掃除の時に夫が中身を点検していましたが、私自身はあまり関わらず、たまに非常食の購入だけをしていました。
時間のある時に点検しようと思っていたところ、3月16日に宮城・福島で震度6強の地震が発生。死者を含む甚大な被害が出ました。
またいつどこで地震が来るかわからない、あわてて中身の点検をしました。
すると非常食の賞味期間は最長で2年前に切れている、買った当時のままの懐中電灯は故障、予備の乾電池は錆びて使い物にならない…夫は点検していなかったと白状しました。
阪神淡路大震災のあとは中身を全部出して一緒に点検していましたが、最近は私自身「大丈夫だろう」という気持ちがあったことは否めません。
またリュックの中身も当時のまま、27年の間に変わってきています。これを機に一から中身を作り直しました。

「災害は忘れたころにやってくる」よく言われる言葉です。
天災を防ぐことはできなくても、起こった時のために日頃から備える。
今回の訓練をきっかけに身に染みて思いました。

訪問看護に花は咲く102

無病息災を祈願する「やすらい祭り」

春の京都はさまざまな観桜行事に時代行列、花鎮(しず)めの祭りや大念仏狂言と、連日の祭礼が繰り広げられます。
それらの祭礼の一つに今宮神社の「やすらい祭り」があります。もともと今宮神社の祭礼ではなく、今宮神社の境内社である疫神社の祭礼です。平安時代、桜の散る頃に疫病が流行したため、花の霊を鎮めようと歌い踊り、無病億歳を祈念したのが始まりです。やすらい祭りの「やすら」は安穏、平穏無事の意味だそうです。祭りは花傘を先頭に巡行するのですが、桜の花とともに飛散する疫神を花傘に寄らせ、鉦(かね)や太鼓などで賑やかに囃し、踊って鎮め送るのだといいます。花傘の下に入れば病気にならないといわれるため、人々が入れ替わり花傘の中に入り、無病息災を祈願します。今宮神社のやすらい祭りの行列は光念寺を出発し紫野の街々を練り歩き今宮神社を目指します。
新型コロナウイルスはなかなか終息しませんが、このような祭礼とともに鎮まってほしいものです。2022年は新型コロナウイルスの影響で、祭りは神事のみ執り行い、一般参列は中止になっています。

<玉の輿のご利益>
今宮神社は徳川将軍綱吉の生母桂昌院(けいしょういん)が篤く崇敬しました。桂昌院が京都西陣の八百屋の娘から将軍の生母となり、高い(くらい)にまで上り詰めたことから、今宮神社は「縁結び」なかでも「玉の輿」にご利益があるといわれています。「玉の輿」の語源は、一説には桂昌院の名前が「お玉」であったことに由来するともいわれています。