訪問看護に花は咲く64

身にしみる寒さが続いていますね。寒い日は、温かい湯船にゆっくり浸かって芯から温まりたい!!と思う方が多いのではないのでしょうか。そこで、最近よく耳にするようになった「ヒートショック」という言葉。どのようなものかご存知ですか?

ヒートショックとは、外気温が低くなる時期に発生しやすい健康被害のことです。急激な寒暖差によって、血圧が上下に大きく変動することなどが原因で、失神、脳梗塞、心筋梗塞などが起きることがあります。特に高齢になると温度差により血圧が上下しやすくなることから、高齢者はヒートショックの危険性が高いといわれています。高齢化が進む日本では、ヒートショックも増加傾向にあり、消費者庁は2017年11月26日の「いい風呂」の日に「冬季に多発する入浴中の事故に御注意ください!」と注意喚起情報を呼びかけていました。ヒートショックは入浴時に多く発生します。暖房をしていない脱衣室や浴室で体全体を露出すると血圧が急激に上がるため、脳卒中や心筋梗塞の原因となり、命に関わることも。また、いったん血圧が急上昇した状態で浴槽の温かいお湯につかると、今度は血圧が急降下し失神することもあるのです。

画像:Rinnai HPより抜粋

<冬場のヒートショックを防ぐためのアドバイス>

  1. 温かい部屋から浴室やトイレなどへ行く際は、上着を羽織ったり、スリッパや靴下を履くなどカラダを冷やさないようにする。
  2. 脱衣所は暖房などで暖め、温度差をできるだけ小さくしておく。
  3. 入浴前に浴槽の蓋を開けたり、浴室全体にお湯をかけて温めておく。
  4. お風呂のお湯の温度は39~41度くらいのぬるめにしておく。

訪問看護でも入浴介助の時は以上のことに気をつけて利用者様の負担の少ないように心がけています。自分たちだけでなく、両親や祖父母が高齢の方はいっそうの配慮が必要です。 寒い季節、予防策を効果的に取り入れ、入浴の方法に気を配ることで、ヒートショックを予防しましょう。

訪問看護に花は咲く63

明けましておめでとうございます。

昨年は春に医療・介護の報酬改定が同時に行われた為に、利用料など利用者さんの負担が増え、必要な医療や介護が受けにくくなってきました。
夏は最高の猛暑となり、とろけそうになりながら利用者さんの所へバイクで訪問しました。
そして秋には、何十年に一度というくらいの大型台風や北海道地震にみまわれ各地で大きな被害を受けました。私たちの訪問している利用者さんの家も屋根に穴が開いたり瓦がとんだり壁が壊れるなど数多くの被害に逢われました。心よりお見舞い申し上げます。世の中の流れも、地球全体も何かおかしくなっているように思います。

さて私事ですが、師長の岩村留美子は12月末をもちまして定年を迎えました。41年の長い間、葵会で働かせてもらい色々なことを学ばせてもらいました。そしていろいろな方に助けてもらい働き続けることができました。本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
岩村の退任に伴い平成31年1月1日付けで野﨑文美子が師長に就任いたしました。岩村は引き続き葵会訪問看護で業務に従事いたします。
これからもスタッフ一同「利用者さまの要求に寄り添う看護」に努めて参ります。今年もよろしくお願い致します。

訪問看護に花は咲く62

日に日に寒くなり、風邪やインフルエンザに気を付けたい季節になりましたね。
そろそろインフルエンザワクチンを受けようと思っている方、もう受けたという方もいらっしゃるのではないでしょうか。そこで今回は、インフルエンザワクチンについて少しお話ししてみたいと思います。

Q.インフルエンザワクチンには、何が入っているの?
A.ワクチンには、インフルエンザウィルスに化学的処理を加えて病原性と感染性をなくしたものが入っています。日本で使われているインフルエンザワクチンは「不活化ワクチン」で身体が抗体を作る基となるたんぱく質の有効成分から作られています。

Q.予防接種をすれば、絶対発症しない?
A.いいえ。ワクチンは、インフルエンザにかかる可能性を下げたり、発症しても症状を軽くしたりするためのものです。感染の可能性がゼロになるわけではありません。他の病気の予防のためにも、手洗い・うがいはしっかりと。

Q.去年受けたから、今年はいらないよね?
A.いいえ。ワクチンの効果は約5カ月と言われています。また、流行するインフルエンザウィルスの種類は毎年違います。

Q.うつのは流行り始めてからでいい?
A.いいえ。ワクチンをうって、効果が出始めるまでには、1~2週間くらいかかります。
12~3月頃に流行するので、1回接種なら11月頃、遅くとも12月中旬までには接種することをおすすめします。

Q.ワクチンを接種するにはいくらかかる?
A.ワクチン接種は病気に対する治療ではないため、健康保険が適用されず、原則的に全額自己負担となります(金額は医療機関によって異なります)。しかし、予防接種法に基づく定期接種の対象者等については、費用が市区町村によって公費負担されているところもありますので、お住まいの保健センター(北保健センター:432-1423)や医療機関に問い合わせ下さい。

- 厚生労働省 https//www.mhlw.go.jp インフルエンザQ&A より一部抜粋 ―

いかがでしたか?
まだワクチンをうっておられない方、迷っておられる方への参考になれば幸いです。
怖い病気を予防して、寒い冬を元気で乗り切りましょう!