訪問看護に花は咲く44

まるで夏を思わせるような陽気が続いていますね。
訪問看護では4月にスタッフ1名の復帰があり、10名で毎日元気よく頑張っています。

今回のブログでは、「私が看護をして気付いたこと」を、お話しようと思います。
今年で看護師になって約7年が経ちます。
訪問看護師としては2年目で、まだまだ新米です。
2年前、育児休暇があと少しで終わる頃に当時の師長から「訪問看護にいってみないか?」と声をかけていただきました。病棟勤めだった私にとっては、在宅での看護はまさに「未知の世界」。さらに経験が浅いこともあり、不安しかありませんでした。

そして、訪問看護師として働き始め、私の不安は的中しました。
利用者様とのコミュニケーションの難しさから始まり、さらに介護者であるご家族様との関わり方。言葉遣いや振る舞いなどご指摘をいただくこともあり、病棟で学んだ看護だけでは通用しないことを痛感しました。
そんな中で他のスタッフを見渡したとき、1番印象に残ったのが「みんな楽しそう」だったことです。とても自然体だったのです。
みんな看護師として必要不可欠な病状観察の視点を持ち、その上で普段と変わらない笑顔で利用者様に接していました。
ある利用者様は「病気のことも気になるけど、こうやって話聞いてもろて顔を見せに来てくれるだけで嬉しいんや」と言われていたことがありました。
病気のことばかりに気を取られがちだった私にとって、肩の力が抜けた瞬間でした。
病院では治療がメインであることもあり「こんな所もう来たない」といわれる方も多いので、利用者様にそう言っていただける訪問看護って実はとっても魅力的な職業なんじゃない?と、そのとき初めて思いました。
そして、試行錯誤しながらも仕事を続け思うことは、全ての事例が看護の教科書どおりにいくわけではないということです。時には辛いこともありますが、今ではすっかり訪問看護の楽しさや喜びを感じています。「また来てや」と言ってもらえる喜びを噛み締めながらこれからも頑張って行こうと思います。

訪問看護に花は咲く43

未来の看護師のたまごたち

まだ桜の蕾も固い3月の春休み。高校生の一日ナース体験が行われ、5名の高校生が参加してくれました。「将来は看護師になりたい!」という夢があり、みんなキラキラ輝いています。私にもこんな頃があった!・・かな?と遥か昔のことを思い出していました。

ドラマの中のカッコイイ俳優が演じる医師や看護師に憧れることもありますが、高校生たちは「手に職をつけたい」「看護師の母を見て自分も目指そうと思った」と真面目で素直。自分たちで血圧を測り、聴診器で心臓の音を聴いてもらう体験の後、いざ訪問先へ。

自宅で療養中の女性はちょうど訪問リハビリ中。上手に車椅子に移乗できます。介護者の方が毎日紙に一言日記を書かせておられ、猫の挿絵と一緒に書き溜めたノートを見せて下さいました。「退院した頃はミキサーのような食事しか食べなくて、筋力も落ちていたから車椅子に移ることもできなかった。こんなに良くなったのは訪問リハビリや訪問看護、訪問入浴など皆さんのおかげ」と高校生たちに語って下さいました。

一日のナース体験でしたが「訪問看護に興味を持った」という感想が多く、私も嬉しく思いました。この高校生たち、看護師になって、将来皆さんのご自宅に訪問させていただくかもしれませんね。楽しみにしていてください!

訪問看護に花は咲く42

第32回関西CAPDナースセミナー

腎不全になった時の治療方法は①透析療法②腎移植です。
その中で透析に2種類あるのをご存知でしょうか?
一般に透析と言うと、医療機関でやる血液透析を思い浮かべると思います。
そしてもう1種類は腹膜透析です。
腹膜透析はお腹に入れた管を使って、自宅でやる透析です。
血液透析と違って急激な血圧低下もなく、高齢の方にも優しい透析です。

当ステーションはこれまで2名の方の腹膜透析を実施してきました。
開始当初看護師誰も腹膜透析の経験がなく、ゼロからのスタート。
腹膜透析をする利用者さんと一緒に勉強してきました。
幸い信頼できる専門の医師に出会い、あたふたしながらも取り組んで来ました。
そんな時「2月19日の第32回関西CAPDナースセミナーでワークショップの講師をしてもらえませんか」とお話をいただき、私でいいのだろうかと迷いましたが受けました。

プレゼンテーションはつっかえながらでしたが、89歳で腹膜透析をした方のがんばりを伝えたくて取組ました。
それまで私は利用者さんを支えていきたいと思っていました。
しかし初めてみる機械の操作をうまくできなくて悔しくてくちびるを噛みしめ、それでも必死に覚えようとしていた利用者さんの姿に実は私が支えられていたのだと気づきました。

在宅医師をはじめとする医療チーム、ケアマネ、ヘルパー、訪問リハビリの介護チーム、毎朝安否確認をしてくれるご近所さん、誰一人欠けても在宅生活は成り立たなかったと思います。
そのことにこの事例をまとめて改めて気づかされました。

まだあまり普及していない腹膜透析ですが、医療連携、地域連携が整えば独居の高齢な方でもできる治療です。
腹膜透析の地域連携を目指した「京都PD地域連携の会」を立ち上げ、勉強会を開催します。
腹膜透析をしていない施設の方も、ぜひご参加ください。

京都PD地域連携の会勉強会のお知らせ(クリックすると拡大表示されます)


当ステーション訪問看護は京都PD地域連携の会の幹事施設です。