訪問看護に花は咲く40

今年のお正月は暖かくてとても過ごしやすかったのですが、1月半ばから雪がよく降るようになり、寒さが厳しくなってきています。そんな中、毎日バイクに乗り利用者様のもとへ訪問しています。

今回ご紹介するのは、北区にお住いのAさん70歳代です。2年前に病気で入院してから、一時期は生命の危機があり、生死を彷徨われていたそうです。しかし、Aさんの病気に打ち勝つ力と、ご家族の献身的で諦めない思いが強く、主治医にまで「奇跡的な回復」といわれるまでに状態が安定し、腸瘻から栄養を補いながら8カ月後に、家に帰ることができました。

入院されるまではとても元気で、町内の行事にリーダーとなって参加されたり、手先も器用で、お正月には施設の門松も手作りされるなど、周りからもとても頼りにされる存在です。退院されてからは、奥様と2人3脚で、少しずつ経口から食事も入るようになり、リハビリも頑張り、8か月後には、腸瘻も抜去され座る時間も長くなるなど回復されてきています。

元気になって歩けるようになったら、好きな釣りに行ったり、スキーをしたりとやりたいことがたくさんあると話して下さいます。穏やかで優しいAさんと、明るくて周りのものも元気にしてくれる奥様、とても仲のよいご夫婦です。そして、2人の子供さんもよく様子を見に来られており、家族の絆も強いと感じます。

訪問時は看護師としていろいろケアやアドバイスなどさせて頂いていますが、反対にご夫婦から得ることも多く、訪問に行くのが楽しみになっています。これからも、少しずつ身体が回復され、やりたいことが実現できるようにサポートできたらいいなと思っています。

新年あけましておめでとうございます

新年あけましておめでとうございます。
昨年も訪問看護を通して、色々な方と出会い、沢山のことを学ばさせていただきました。
一方で、介護保険制度の改悪で必要なケアが受けられず困っておられる状況も訪問の中で感じます。
誰もが平等に必要なケアが受けられ、24時間365日安心して在宅で療養生活が送れるように少しでも支援できればと思っています。
また、私たち訪問看護が医療と介護の架け橋となるよう、より一層努力してまいります。
本年もどうぞ宜しくお願い致します。

訪問看護に花は咲く39

201612a葵会総合ケアステーションには葵会デイサービス・紫竹包括支援センター・葵会居宅支援事業所・葵会訪問看護ステーションの4つの部署があります。
先日、葵会総合ケアステーション内で合同事例検討会を行いました。
精神疾患を抱えた60歳代のHさんの訪問看護はスタッフ2名で行い、他にデイサービスやヘルパーを利用しておられました。現在は専門病院で入院生活を送っておられます。事例を提供した看護師はHさんが入院するに至ったことを、「御本人に申し訳ない」「長い引きこもり生活から急に自分たちが外の世界に出してしまったせいではないか、他にどういう支援が必要だったのか」と悔やむ気持ちも持っていました。
今回の事例検討会ではHさんが入院されている病院の精神保健福祉士の方に疾患についてレクチャーして頂き、関わった事業所の方からもお話を聴くことができ事例を深めることができました。事例を提供した看護師もとらえ方が大きく変わり、退院して再び支援できればうれしいとの気持ちを持つことができました。また私たちも精神疾患を抱える方の支援は改めて専門性と個別性が求められる事を学びました。
 今回の事例検討会にご協力いただいた病院の精神保健福祉士さん、事業所の方々本当にありがとうございました。