訪問看護に花は咲く36

「昔戦争があった…」

hu8月15日は71回目の終戦の日でした。

訪問している方々には戦争体験をされた方もおられます。
「衛生兵で中国に渡って、歩いてインドまで行った」
「買い出しに行った先で米軍機に狙撃され、そのまま地面に倒れ込んだ。死んだかと思った」
「戦争中に満州に渡って終戦で帰国した。駅で座りこんでいるとあまりにもみすぼらしく思われたのか、知らない人がおにぎりをくれた」
「夫が徴兵されて集合場所までそっとついて行った。電信柱の影から見た姿が最後。その時はお腹に子どもがいると知らなくて、夫は自分に子どもがいることを知らないまま死んで行った」などお話しを伺うことがあります。

私の親は終戦時3歳、ほとんど戦争の記憶はありません。
身内に戦死者はなく、戦争の話しはどこか遠いところのような感じがしていました。
私が20歳になるまでは…

母方の祖父が徴兵され、遠い南方戦線で亡くなったことを知りました。
その島の部隊1500人中生き残ったのはわずか12人。
戦死通知だけで髪の毛1本も戻ってこなかったそうです。
母は1歳未満で別れた父の記憶はありません。
戦後祖母は再婚したので、私はその事実を知りませんでした。
この話しをしてくれた時の母は、これまで見たこともない辛そうな顔でした。
戦争の記憶がなくても、戦争はいつまでも人を苦しめるのだとその時初めて感じました。

憲法改正の動きや安保法制施行など、きな臭い現在を「まるで戦前のようだ」と言う声を聞きます。
祖父の命日と終戦の日に、今を絶対に戦前にしてはならないと誓いました。

訪問看護に花は咲く36

201608-d今回ご紹介するのは、北区にお住まいのAさん96歳です。ご主人を25歳の時に亡くされ現在1人暮らしです。当時は3歳と1歳に満たないお子様が2人おられ、どうやって暮らして行こうか途方にくれたそうです。そこでAさんは大学に行き、大学院まで進まれ臨床心理士の資格を取られました。そして、90歳まで臨床心理士として働いて来られました。お子様も大学まで進まれ一人はお医者様をしておられます。当時を振り返ってみると「必死で頑張った、母も居てくれたのでここまで来られたのよ」と言われていました。

元来明るく前向きなAさんから愚痴は聞いたことはありません。訪問するといつも笑顔で迎えて下さいます。ここまで頑張ってこられたお話を聴くと頭が下がる思いです。時々、Aさんに悩みを聞いて貰う事があります。最近、認知症も出てきており同じ事ばかり話されますが、一生懸命アドバイスして下さいます。Aさんのお話を聞いて、子育ても介護も誰かの支援が必要なのだと思いました。これからもご利用者様、ご家族様の信頼関係を大切にして支援して行こうと思っています。

訪問看護に花は咲く35

201606-1北区の町を歩いているとお一人で散歩をされているご高齢の方をよく見かけます。
何気ない日常の一場面に見えますが、わたしたち看護師は「一人で大丈夫かな?道に迷って困ってらっしゃらないかな」と常にアンテナを張っています。
町の中には認知症の方もいらっしゃる可能性があるためです。

そんな今日、コンビニエンスストアの前で一人の女性の方が右に進んだり左に進んだりと、道に迷っているかのような素振りをされていました。
推定年齢はおそらく80~90歳代。「もしかして道がわからなくなってしまったのでは・・・」今にも雨が降りそうな曇り空だったのでとても心配になりました。
そんなときサッとかけよってきた若い女性。「大丈夫ですか?」と声をかけ、手を差し伸べている姿が見られました。よーく見るとその若い女性は、私たちのステーションのスタッフでした。
私は思わず「(さすがだなぁ)」と感じました。
人に声をかけること。簡単のようですがとても勇気がいることだと思います。
「あの人気になるけど、声までかけるのはちょっと…」、「もしかしたら困ってはらへんかもしれへんし」実際には困ってない方もいらっしゃるかもしれません。
ですがその声かけで救われる方も必ずいらっしゃるのではないかと思います。

少しの勇気をだして、近隣の方へ「どうされましたか?」のその一言が地域を”見守る・支える”大きな力になると感じました。