訪問看護に花が咲く5

201312a今回は99歳でお1人でお住まいの女性の方です。右京区に息子さん夫婦がいらっしゃって日常の援助をしておられます。内科的疾患で病状観察や排便コントロールなどで訪問看護に入らせて頂いています。
訪問するといつもとびっきりの笑顔で迎えて下さいます。
「今は物があふれていて、人や物のありがたみがわからない人が増えてきている。いつか必ずまた、物がない時代が来ますよ。」とか、「今年は松茸が豊作やし息子に食べる!!買って来て!!と言ってあるねん。好きな物を食べておかないと、もう直ぐ食べれなくなるしね。昨日はマグロを食べた。美味しかった~。」「この前から大正琴を出して弾いてます。昔はダンスも習ってたんやで。」
「主人には苦労させられた代わりに今は2人の息子が大事にしてくれている。感謝してるんです」など99歳の人生から発せられるお話を有難く聞かせて頂き、人生勉強をさせて頂いています。
又、最近のお話の中で私たちの大先輩=看護師さんであったことがわかりました。先輩!!100歳もお元気で迎えて下さい。そして、これからも仕事や人生の師として、すてきな言葉を聞かせて下さいね。

201312b*Uさんは、要介護4 週2回の訪問看護30分 病状観察、背部への軟膏塗布や吸入薬介助、必要時排便を促す座薬の挿入を行っています。他にヘルパーさんによる入浴介助・調理・掃除などの援助を週5回受けておられます。

訪問看護に花は咲く4

35-1今回は、西賀茂にお住まいのOさん。Oさんはなんと103歳です。今年、脳梗塞を発症され、食事も食べにくくなり、最期は自宅で過ごしたいと退院されました。しかし、住み慣れた自宅、娘さんの献身的な介護もあって、自宅に戻ってからは食事が進むようになり、徐々に活気も出て、ベッド上で座れるようにもなりました。
Oさん宅は、娘さんと息子さんの3人暮らし。息子さんも脳梗塞後で麻痺があり、食事やベッドの横にあるトイレを使用するのも介助が必要です。娘さんは、お母さんと弟さんの二人を一人で介護している状況です。私たち訪問看護では、週2回排便援助に入らせていただいていますが、娘さんもお手伝いをしてくださり、その際、「あっち向いて~」などの言葉に即興で節をつけ、歌ってくださいます。娘さんの歌を聞きながら本当に穏やかな時間の中での援助、訪問の度にこちらが癒されます。
日々の介護は本当に大変だと思います。その中でも、介護を少しでも楽しくされている娘さんの姿をみて、大変な中でも「介護を楽しむ」というものを感じました。私たちも療養者さんや介護している方を、癒せるような存在になりたいと思います。

*Oさんは要介護度5 訪問診療1回/2週 訪問看護2回/週 訪問入浴1回/週 訪問介護2回/日を介護保険で受けておられます。

訪問看護に花は咲く3

長い夏が終わり、やっと秋らしくなってきましたね。
今月は、京都原谷にお住まいのTさんをご紹介いたします。Tさんとても明るく優しい方です。花で例えればひまわりの様な方。
訪問看護では、リウマチがあり、お薬の管理とリハビリで訪問しています。今は病状も落ち着いてきていますが、以前はお薬の副作用で大変辛い時がありました。でもそこは、持ち前の明るさで、笑いで吹っ飛ばして下さいます。
Tさんの趣味はパッチワークと絵手紙。体調を悪くして暫くパッチワークもお休みしていましたが、最近は少しずつパッチワークを始める事ができました。以前の作品も沢山ありましたが、お友達にほとんど譲ってしまうほどの太っ腹。今年78歳のTさん、新しい作品をステーションみんなで待っていますよ~


*Tさんは要介護1で、一人暮らしです。週1回の訪問看護と週1回の訪問介護での掃除と布団干しの援助を受けて、市内までのお買い物も時々楽しんでおられます。

20 / 21« 先頭...10...1718192021