訪問看護に花は咲く12

kaigo8今回ご紹介するのは原谷にお住まいの90代の女性Aさんです。
Aさんは息子さんと二人暮らしです。2年前にお家で転倒され大腿骨頸部骨折されました。その後寝たきりになり殿部に大きな床ずれが出来ました。翌年尿路感染にて入院、おしっこの管をいれたまま退院されました。その間に床ずれも悪化し、おしっこの管もしょっちゅう詰まるようになり訪問看護が入りました。訪問看護開始当初から2日寝ては2日起きるサイクルを繰り返えしていました。床ずれも大きくて治らないんじゃないかと先生に言われていたそうです。

私達訪問看護は週一回だけの訪問で床ずれの処置とおしっこの管の洗浄に行っていました。どれもAさんの嫌な事ばかりでAさんに怒られることもしばしばありました。私達が訪問する以外は息子さんが懸命に介護されていました。その甲斐あって今年7月初旬床ずれが治りおしっこの管も抜ける事が出来ました。

kaigo8-2そんなAさんですがお元気なころは旅行が大好きで日本は勿論のこと海外はイギリス、フランス、ドイツ、ポルトガル、数えきれないくらい行かれお友達も沢山おられました。残念ながらAさんとコミュニケーションが取りにくい状態で旅行のエピソードはきくことはできませんでした。しかし息子さんがいつもその頃のことをとても楽しそうにお話しして下さる笑顔をみているとAさんが一番輝いていた時なんだな!と想像させられます。これからも息子さんと仲良くお過ごしください。

訪問看護に花は咲く11

001Yさんはご主人と二人暮らし。ほっそりとしたきれいな方です。
今回ご紹介するのはYさん・・ではなくご主人です。
Yさんはお口から物を食べることができなくなり、胃ろうから栄養を注入しています。ご自分で体を動かすこともできないので24時間の介護が必要です。
74歳のYさん。ご主人の「せめて平均寿命までは生きてもらわんとなー」という深い愛情で今年5月に病院を退院し自宅へ帰ってこられました。
退院して初めての訪問。病院でお会いしたYさんの表情と全く違い、目をぱっちり開けておられます。やっぱり家はいいんですね。
胃ろうからの注入や痰の吸引などご主人にとっては初めての経験。訪問の度にご主人が疲れておられないかどうかが気になります。
しかし!そんな私たちの心配をよそに、注入食を吊り下げるものを作ったり、床ずれ予防のクッションを揃えたり、ご自分で介護しやすい工夫をしておられます。シーツを換える時はご主人がYさんをお姫様抱っこで別の場所に移動させておられるのを見てびっくりするやら羨ましい?!やら。
お口から食べられないYさんの隣で「自分一人が美味しい物を食べるのは可哀想で・・」と話されるのを聞き、私たちも切ない気持ちになります。
訪問が始まって1ヶ月。ご主人の日々の介護に頭が下がります!・・が、ご主人の体調も気になります。これからもご夫婦で過ごしてこられた時間に寄り添いながら、無理のないように自宅での介護が続けられるようお手伝いしたいと思います。

訪問看護に花は咲く10

201405-1Kさん夫婦には子供がいません。
ご主人はアルツハイマー型認知症で奥さんはパーキンソン病ですが、二人で暮らしています。ご主人は将棋を指すのが好きで、ジャニーズ系のイケメンです。笑顔がとびっきりかわいい奥さんは絵を書く事が好きで、調子がいい時には好きな舞妓さんの絵やデイサービスのスタッフの絵を書いて見せてくれます。

奥さんのパーキンソン病とは高齢者の神経系の中では認知症の次に高齢者に多い疾患です。だんだん体が動かなくなっていく進行性の病気です。今は良い薬が出来ていますが、薬が切れると奥さんの笑顔も消え、眼も開けられず話すことも動く事も出来なくなります。こんな状態が日に何度か訪れる奥さんを優しく介護していたご主人でしたが、昨年夏に奥さんの乳ガンが見つかりました。手術のために入院した時にご主人の様子が明らかにおかしくなり、MRI を撮ってアルツハイマー型認知症と診断されました。今まで何とか生活出来ていた二人ですが、ご主人は急に怒りっぽくなったり、冷蔵庫に古い食べ物を貯めていたり、薬も手渡さないと飲めなくなりました。デイサービスや訪問看護が無い時は、すぐ近くの主治医がいる診療所から、その都度電話で呼び出してもらい、本人が診療所に行くようにしています。薬をナースから受け取り、その場で飲んでもらったり、アドバイスをもらったりしています。

そんな危なっかしい二人を支えてくれている功労者の第一人者は滋賀県に住む姪御さんです。週に一度は来て、お金の管理やこまごまとした買い物などをして下さって、ご夫婦もまた嬉しそうに姪御さんの話をされます。一人でもこんな身内の方がおられると助かりますが、長丁場です。無理をなさらないで下さいね。

これからも、診療所、ケアマネ、訪問介護、デイサービス、福祉事務所、訪問看護など様々な職種が連携を取りながら応援していきます。