訪問看護に花は咲く30

c-16-2寒さも本番を迎え過ごしにくい日々が続いていますが、2016年もスタッフ11人で元気にがんばっています。
私が看護師になりたての頃、初めて勤めた場所は病院でした。現在も現役で看護師をしている母に憧れ、「素敵な看護師になりたい」とキラキラした気持ちで入職したことを今でもよく覚えています。

しかし、病院での仕事は私が思い描いていたものとは違いました。鳴り止まないナースコールに追われ、毎日終わらない残業と睨めっこをし、忙しい日々に少しずつ身体は疲れていきました。時間に余裕がなくなると必然的に心にも余裕がなくなり、患者さんから呼び止められたとき「ちょっと待って下さいね」が、気づけば私の口癖になっていました。
わたしは目指していた「素敵な看護師」になれているのだろうか?しっかり患者さんと向き合えているのだろうか?そう自分に問いかけたとき、胸を張ることができませんでした。

病棟勤務・施設勤務・出産後育児休暇を経て、当訪問看護ステーションで働くことになりました。働き始めて感じたことは“利用者さんとの距離が近い“ことでした。訪問ができる曜日や時間は限られていますが、短い30分でも利用者さんの目を見て、触れて、ゆっくりお話できる、病棟ではできなかった「1対1の看護」ができる嬉しさを感じました。ある利用者さんの背中のマッサージをしていたとき、「この瞬間が1週間のうちで1番楽しみ」と言われ、「あっ。こんな私でも、少しでも役に立ているのかな・・・」となんとも言えないやりがいを感じました。

訪問看護師歴は半年と少しとまだまだ経験は浅いですが、わたしが来ることを「いつも楽しみにしてるで」と待ってて下さる利用者さんの存在が、わたしの元気の源になっています。これからもひとりひとりの利用者さんと向き合いながら、一生懸命がんばりたいと思います。

訪問看護に花は咲く29


今回は、北区に住むAさんをご紹介します。

Aさんは博多のご出身。お若い頃、字の勉強のために京都に出て来られ、東京にも18年ほど住んでいたことがあるそうです。
Aさんの奥様は、左京区の息子さんが建てたバリアフリー住宅に住んでおられますが、Aさんは住み慣れた家を離れたくないと、独居生活を続けておられます。
2年ほど前から、病気のため歩行障害が進んだことから訪問介護の回数を増やし、歩行器を利用されるようになったそうです。

私たちとAさんとの出会いは今年の7月。Aさんの一日は、ご自分で決めた体操から始まります。その後、新聞を読んだり、食事を摂ったり・・・。ご自分のペースを大切にして無理せず生活されています。訪問看護の際、普段の状況や困ったことはないかお聞きすると、「前に比べたら本当に歩けんようになった」「あきませんわ」と言われますが、「いつ転んでもおかしくない」という危機感を抱えながらも、今でも歩行器を使って時間をかけて一人で通院したり、買い物に出たりされています。そして、趣味の版画製作にも取り組んでおられ、毎年東京の作品展に出品されているそうです。まだ私たちはAさんの作品は拝見できておらず、現在も東京に出品中のため、皆様にもご覧頂けないのが残念です。

まだまだAさんとのお付き合いの期間は浅いですが、訪問する度にAさんの温かいお人柄や、自立した生活を送るために日々努力されている姿に触れることができ、私たち自身が励まされたり、温かい気持ちを頂いています。
Aさんのように、進行性の疾患と向き合い、苦労しながら生活されている利用者さんはたくさんおられます。その苦悩は経験者でないとなかなか理解し難い部分もあるかと思います。しかし、私たち訪問看護師には、それを理解し、寄り添い共感していく姿勢が必要です。これからもほんのわずかでも、「看護師に来てもらってよかった」と感じてもらえるような関わりが続けていけたら・・・と思っています。

訪問看護に花は咲く28

訪問看護ブログ~メダカを見て思う事~

201511-d私達の仕事は人との出会い、そして別れと深く関わるお仕事です。
もう亡くなってから2年位になりますが、酸素吸入している85歳位の男性の入浴介助に行っていました。お花や金魚が好きで、マンションのベランダで育てておられましたが、だんだん病状が悪くなり、ベランダにも出られなくなりました。
そして、息子さんにメダカを買ってもらい、部屋の中でメダカを大事に育ててメダカの子ども増やしておられました。
私も、メダカを育てていたので、育て方を教わって、子どもが生まれた事を報告する事が出来ぬうちに、帰らぬ人となってしまいました。生き物が好きな優しい笑顔が忘れられません。

たくさんの出会いがある分、別れもたくさん。

もう違う人が住んでいるアパートの前を通ると思い出す、一人暮らしの寂しがり屋の男性は入院先で亡くなりました。お見舞いに行ったのが最後になりました。

また、認知症が進んで家には住めなくなり、施設を転々としていて、会えなくなった方もおられます。自慢話が好きだったけど、もっと強がりを聞きたかったな。

色々な人生と関わる看護の仕事に就き、30数年。毎回の出会いを大事にしたいと思うこの頃です。